女性向けアパレル通販で一番オススメのお店は?

女性の腕時計選び

    レディース腕時計はファッション性だけでなく実用性も重視されるため、自分で購入する際はもちろん、プレゼントの際も気を配ることが重要です。
    特に最近では、スーツなどに合わせられるものからカジュアルに着けられるものまで種類は様々です。
    10代~20代のカジュアル系のファッションの女性には、アディダスが選ばれています。
    一流スポーツメーカーのアディダスですが、モデルのきゃりーぱみゅぱみゅなどが愛用しており、芸能人の人気も高いところが女性に支持されています。
    長年愛されている腕時計の定番ブランドのシチズンは、女性らしい小ぶりなモデルが売れ筋です。
    シチズンの中でも、クロスシーやザ・シチズンといったラインナップが多様なところも幅広い層に受けています。
    また、イタリア生まれのブランドのアイザックバレンチノは、洗練されたゴージャスなデザインが魅力的で、女性へのプレゼントで購入する男性に人気です。
    派手すぎず、どんな服装にも合わせやすいところが選ばれているポイントです。
    洋服や小物も充実しているフランスのファッションブランドのアニエスベーは、ポップものからシンプルデザインまで揃っており、信頼性が高いところが魅力の一つです。
    スーツなどにも合わせやすく、機能面についても申し分ありません。



    腕時計のお手入れワンポイント

    腕時計には機械式とクォーツ式があり、機械式のリストウォッチに関してはメンテナンス(オーバーホール)というものは必要不可欠だということはよく知られていますが、クォーツ式のものでもそれらが必要なものがあります。それぞれのオーバーホールのポイントは次の通りです。 通常、機械式のリストウォッチであれば、購入から2年から長くても4年に一度はオーバーホールをすることが望ましいと言われていますが、時計に詳しい有識者の意見では、精度が出なくなってから、つまり狂いが大きくなってからオーバーホールを出した方が良いという意見があります。その理由はオーバーホールというのは中の機械を交換する事になるから、元通りにならない場合もあるということです。実際、1000m級の超深度に対応したものだと、オーバーホールしてしまうと、元の超深度に耐えるようにしようとすると、本社送りになってしまうため、そこまではやらないというのが実際です。 また、クォーツ式のリストウォッチについては、電池がなくなれば交換すれば良いと一般的には思われています。液晶デジタルのリストウォッチであれば、その通りなのですが、針が動くタイプのものについては、動力はモーターで動力源は電池なのですが、針を動かすのには機械式のリストウォッチ同様に歯車で動いているので、電池の交換のタイミングで、やはりオーバーホールに出すのが理想です。

    腕時計選びのワンポイント

    腕時計はその人の趣味や気構えを映す鏡といっても過言ではありません。そのため自分に合う時計を選ぶためには、いくつかの注意点があります。まずは、サイズです。腕の太さ・細さは人によって様々です。まずは時計全体の大きさが、自分の体形に合っているかを確認します。手首が細い人は、薄い盤面のものをつけましょう。厚みのあるものですと、そこだけバランスが悪くなってしまうからです。同じ理屈で体の線が細い人は、薄めのものを選ぶと良いです。逆に、しっかりした体格の人は、厚めの盤面のものを選びましょう。そして、時計の色も重要です。人にはそれぞれパーソナルカラーというものがあります。これは化粧下地を選ぶ時などにも使われますが、肌の色などから簡単に診断できます。自分のカラーを知って、時計のベルトや文字盤の色を選びましょう。さらに、TPOをわきまえた時計を選ぶことも重要です。ビジネスシーンに使うものなのか、それともおしゃれに使うものなのか。その場面において服装が変わるように、時計も変わらないとそこだけ浮いてしまいます。そして腕時計を選ぶ上で一番大切なことは、まずははめてみることです。見た目が素敵でも、いざはめてみるとなんとなく違和感を感じてしまうものもあります。時計は長く使えるものですので、小さな違和感でも大切にし、なるべく避けたほうが良いでしょう。注意点をおさえたうえで、自分にぴったりの時計を楽しく選んでみましょう。




↑ページトップへ戻る